協会からのお知らせ
【 2018年04月17日 】
6月20日出発 写真家 中西敏貴氏と丘のまちびえいを巡る 2泊3日写真ツアー 参加者募集中

<丘のまちびえいを巡る 2泊3日の写真ツアー開催のお知らせ>

2018年6月20日から22日までの2泊3日で、丘のまちびえいを巡りながら、美瑛町内在住の 写真家の中西敏貴さんのお話等を受けながら、この時期ならではの美瑛を楽しむ写真ツアーです。

ツアー参加費は、55,000円~65,000円(宿泊費、ツアーバス代、食事代等含みます。)

※なお、集合場所(旭川空港又は美瑛駅)までの交通費等は含みません。


詳細はツアーチラシをご覧ください。日程内容を更新しました2018年4月23日up

<ツアーチラシPDF>

H30写真ツアー募集チラシ6月出発


☆お申込・お問合せ

電話 0166-92-3910 平日のみ 8:30 ~ 17:00

<なお、メールにてお問合せの方はこちらから> ☆その他の項目を選択してお問合せください。

https://www.biei-hokkaido.jp/ja/contact/

☆定員に限りがあるため、お電話又はメールにて受付後、参加申込書を送付させて頂きます。


 

☆写真は、美瑛の丘の6月頃(日没)のイメージです。

撮影:中西 敏貴氏

旅行企画・主催

一般社団法人 美瑛町観光協会

バス会社:宮本バス


<お知らせ>

☆第2弾のお知らせ

日程:平成30年8月22日出発 丘のまちびえいを巡る 2泊3日写真ツアー

美瑛町在住の写真家の菊地晴夫さんのお話等を受けながら、この時期ならではの美瑛を楽しむ写真ツアーです。


☆第3騨のお知らせ

日程:平成30年10月24日出発 丘のまちびえいを巡る 2泊3日写真ツアー

美瑛町在住の写真家の阿部俊一さんのお話等を受けながら、この時期ならではの美瑛を楽しむ写真ツアーです。


※第1弾のツアーは現在募集中です。第2騨、第3騨のツアーにつきましては、募集時期なりましたら、当ページにてお知らせします。

 

協会からのお知らせ
【 2018年04月04日 】
白金青い池 水面の融氷状況について
今朝(4/4)の白金青い池です。

凍結して、雪で覆われていた水面も、春の陽気で一気に融けてきました。

※駐車場から青い池までの遊歩道等、水溜り等がありますので、見学される方は、足元に十分お気をつけください。

なお、4月9日は ライトアップ機材撤収作業のため終日立入が出来ませんのでご注意ください。



協会からのお知らせ
【 2018年03月26日 】
白金青い池・白ひげの滝の観光について(平成30年4月以降)
青い池・白ひげの滝 冬のライトアップは、2018年3月31日をもって終了となりますが、

白金青い池は、4月9日(月)を除き4月1日以降も昼間の見学する事ができます。

(4月9日は、ライトアップ機材の撤去のため、青い池は終日完全閉鎖となりますので、ご注意下さい)

尚、白ひげの滝は、4月1日以降も、変わらずご見学頂く事ができます。

3月26日現在、青い池の水面はまだ凍っておりますが、日に日に氷も薄くなっています。

大変危険ですので、絶対に池の中には絶対に立ち入らないようにお願いします。

協会からのお知らせ
【 2018年03月06日 】
美瑛町「地域おこし協力隊」隊員を募集します。
美瑛町「 地域おこし協力隊員」隊員を募集します。
※詳細を美瑛町「地域おこし協力隊」隊員募集要項で確認のうえ、平成30年4月13日までにご応募ください。


地域おこし協力隊募集要項(pdf)▽

■募集概要

美瑛町は、雄大な十勝岳連峰を背景とした美しい丘に広がる農村風景や「青い池」の神秘的な景観など、特有の自然環境に恵まれた農業と観光のまちです。 特に観光では年間170万人を超える観光客が訪れており、インバウンドを含め多くの観光客の皆さんに満足いただける観光地づくりを目指しています。 北海道有数の観光地で、様々な国から来られる観光客の皆さんに楽しんでもらえるようなツアーや体験プログラムに興味のある方を募集しています。


■業務概要

①ツアーバスの企画、ガイド

 美瑛町内に点在する観光スポットを効率よく周遊するため、観光協会では「美遊バス」というツアーバスを運行しています。

 この美遊バスの運行に係る企画、ガイド業務など。

②修学旅行の受け入れ、誘致

 農業体験やペンション等への分宿型による修学旅行の受け入れ業務など。また、関東、関西方面の学校に対する誘致業務など。

③体験プログラムやツアー等の企画、ガイド

 美瑛町で体験できるスノーシューやフットパスなどの企画、ガイド業務など。

④観光案内業務

 年間170万人が訪れる観光客の皆さんに美瑛町の観光地を案内するため、町内には4か所の観光案内所があります。

 この観光案内所における案内業務やツアーのチケット販売業務など。

⑤インバウンドへの対応

 当協会は昨年、政府観光局(JNTO)より、広域の観光案内の提供と英語対応スタッフ常駐が要件である外国人観光案内所カテゴリー2の認定を受けました。

 今後、インバウンドの更なる増加が予想されますので、外国語での案内が必要とされています。

※外国語(英語、中国語、韓国語など)による日常会話ができる方を優先としますが、必須条件ではありません。


■募集対象

次の要件をすべて満たす方

1 平成29年4月1日現在で20~45歳の方。

2 三大都市圏及び都市地域等から美瑛町へ住民票を異動させて、美瑛町内に居住できる方。

3 普通自動車免許を所有している方。

4 国内旅行業取扱管理者の資格を有している方、または取得する意思のある方。

5 ワード、エクセル、パワーポイント、インターネット等を日常的に利用し、それを利用した業務が可能な方。

6 心身ともに健康で、地域おこしに意欲と情熱があり、誠実に職務を行うことができる方。

7 活動期間終了後も美瑛町に定住する意思のある方。

8 地方公務員法第16条の欠格事項に該当しない方。

①成年被後見人又は被保佐人。

②禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者。

③当該地方公共団体において懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者。

④人事委員会又は公平委員会の委員の職にあって、地方公務員法に規定する罪を犯し、刑に処せられた者。

⑤日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者。


■募集人数

1名


■勤務地

〒071-0208

 北海道上川郡美瑛町本町1丁目2番14号(四季の情報館内)


■勤務時間

1 始業・終業の時刻:午前8時30分~午後5時15分

2 休憩時間:概ね午後12時より午後1までの1時間以内とする。

3 休日:日曜日、土曜日、国民の休日に関する法律に定める日、年末年始(12月31日~1月5日)

※休日及び時間外の勤務は、休日振替対応とします


■雇用形態及び期間

1 地域おこし協力隊員として町が委嘱します。

2 委嘱期間は委嘱の日から平成31年3月31日までとします。

※期間は延長することができ、最長で3年間までとします。

なお、期間の更新については、勤務実績や活動内容等を踏まえて更新します。


■給与

月額275,000円

※その他賞与、時間外手当、退職手当等は支給しません。


■接遇・福利厚生

1 健康保険、厚生年金、雇用保険に加入します。

2 勤務時間中は、活動に必要な自動車、パソコン、事務用品等を貸与します。

3 活動期間中の住居賃貸情報は提供します。ただし、家賃、光熱水費等は個人負担となります。

4 年次休暇は、町の条例を適用します。

※美瑛町での暮らしには、日常生活の移動手段として自家用車等が不可欠です。

自家用車等の持ち込みをお勧めします。
■申込受付期間

平成30年3月1日~平成30年4月13日


■選考の流れ

1 第1次選考(書類選考)

 書類選考の上、結果を4月20日(金)までに応募者全員に文書で通知します。

2 第2次選考(面接)

 第1次選考の合格者を対象に5月上旬に美瑛町又は東京のNPO法人「日本で最も美しい村」連合事務局で面接試験を行います。

美瑛会場:北海道上川郡美瑛町本町4丁目6-1 美瑛町役場

東京会場:東京都千代田区鍛冶町1-10-4丸石ビル3階

※第2次選考試験に要する交通費及び宿泊費等は個人負担となります。

3 選考結果の報告

 結果(内定)は第2次選考終了後7日以内に文書で通知します。

※住民票の異動は、必ず委嘱日以降に行ってください。それ以前に異動させると、応募対象者でなくなり、採用取り消しとなる場合があります。

4 着任(委嘱)予定日

平成30年6月1日(金)

※着任に要する交通費等は個人負担となります。

※着任日に着任することが困難な場合は、着任可能な月日を履歴書に記載してください。


■募集方法

次の書類を下記問い合わせ先まで郵送願います。

・履歴書

・住民票

・小論文(地域おこし協力隊として取り組みたいこと、目指すこと、応募動機などを800字程度に記入してください。)


■お問合せ先

一般社団法人 美瑛町観光協会

〒071-0208

北海道上川郡美瑛町本町1丁目2番14号

TEL 0166-92-3910(直通) FAX 0166-92-3234

協会からのお知らせ
【 2018年02月27日 】
第15回「日本で最も美しい村」美瑛 丘のまちびえいフォトコンテスト審査結果発表!
第15回「日本で最も美しい村」美瑛 丘のまちびえいフォトコンテスト



▪️審査を終えて   前田 晃



2003(平成15)年度の第1回から数えて、当コンテストもふし目となる第15回目を迎えました。

全国各地からご応募いただいた方々に改めお礼を申し上げるとともに、継続することの大切さを 関係各位とともに改めて、噛みしめています。

 審査会は、さる1月19日に、四季の情報館において行なわれました。

コンテストの性格上、毎回新鮮な作品を期待していますが、今回はその期待に応えてくれる作品が揃いました。 特に上位入賞作は、今までとは異なる季節感や新しい視点を感じさせました。詳細は、各評をご参照下さい。  

当コンテストも15回目となり、バラエティ豊かな作品が集まっています。一方で、過去の上位入賞作と似た写真も目立ちます。

入賞を狙うなら、異なる視点、今までと違った表現を心がけてほしいと思います。美瑛には、撮り尽くせないさまざまな魅力があります。 審査会の後は、恒例となった冬の撮影ツアー(第8回目)を開催しました。晴れ、雪、吹雪と美瑛らしい天候のもと、充実した撮影会と なったことを申し添えておきます。 八王子市夕やけ小やけふれあいの里1階ギャラリーで開催している冬の撮影会写真展「白い丘」も、8月に5回目の開催を予定しています。 併せて2階の前田真三ギャラリーでは、父の没後20年企画に絡めて、父と私と私の息子の親・子・孫3代で、「冬の丘」をテーマにした 特別展を開催すべく、準備をしているところです。美瑛の美しさを、これからも写真を通じてさまざまにアピールしていきたいと思っています。




️■グランプリ(1点)


「残雪」 長友逸郎さん


この作品の美点は3つあります。まずひとつは、残雪期という表現の難しい季節を捉えていること。ふたつめは、残雪のパターンの面白さを描いていること。みっつめは、そのパターンだけではなく、家屋やビニールハウスなども含めて、かつ夕方の斜光を生かしながら、丘の風景として表現していることです。流麗でいて、力強い、そして少々バタくさい表現が秀逸な作品です。(前田 晃)


■準グランプリ(2点)


「十勝岳彩秋」鶴橋富男さん


紅葉は年によって、その色合いが異なります。もちろん時期も前後するので、よい被写体に出合えた時は、本当に興奮します。そんな感動が画面から、よく伝わってきます。点在するナナカマドの紅葉とダケカンバの黄葉を、過不足なく画面に収めて、十勝岳が際立ちました。ハイマツの濃い緑と抜けるような青空も重要な脇役です。(前田 晃)


■準グランプリ

「季節の交差点」 加藤美香さん


紅葉と並んで、桜も時期を当てるのが難しい被写体です。満開のエゾヤマザクラとシラカバの新緑を、残雪眩い十勝連峰と絡めて、軽やかな雰囲気が出色です。実は少々前に、私もこの場所を撮影しています。5年後10年後、桜がもう少し大きくなれば楽しみだなと思っていましたが、先を越されてしまいました。春耕の大地と春空の間で、並んだ木々のリズム感が生きています。(前田 晃)




■入選(4点)


「輝くヴェール」 釜澤 まつみさん


冷え込んだ快晴の朝に見られる素敵な現象を、見事に表現されています。このような霧は刻一刻と動いていくことが多く、素早い撮影が求められますが、作者は的確に撮影されています。凛とした寒い朝の空気感が伝わってきます。(中西 敏貴)


「美人コンテスト」小林 慎子さん


群生するカタクリが水に映り込み、さらにその美しさを増しています。カタクリと水という組み合わせはあまり見慣れない光景ですが、そこに目をつけた作者の着眼点が素晴らしいですね。

タイトルも素敵で、この作品の魅力をさらに引き出しています。(中西 敏貴)


「湯煙の残照」秦 憲一さん


美瑛町白金にある青い池は、今や世界中から観光客やカメラマンが訪れる美瑛屈指の観光スポットとなっています。 冬季間は池が結氷してしまいひっそりとしていた青い池は、近年11月頃から翌年の3月頃まで、ライトアップを始めました。 今ではこの幻想的なライトアップを一目見ようと、世界各国から観光客やカメラマン訪れるようになっています。 作者はこのライトアップを文字通り、幻想的に仕上げています。 ストロボを活用し降雪を撮し止め、更には白金温泉街の灯りを際立たせたことで、よりフォトジェニックに作品化しています。 観光写真としてもまた風景写真としても通用する、ハイレベルな作品といえると思います。(菊地 晴夫)


「輝く丘」堀内 朱美さん


美瑛では夏の終わり頃に、緑肥としてヒマワリを植えることがよくあります。 開花時期は決まって秋頃です。 ヒマワリは夏の花や青い空というイメージが強いのですが、作者はあえて暗雲立ちこめる曇り空を選んでいます。 ヒマワリ畑に真横から光が差し込んだ瞬間を捉えた作品で、写真独特の迫力もあります。 花の撮り方の概念を覆すような作品に仕上がっていると思います。(菊地晴夫)



■特別賞(6点)


「”みなぎる力、豊作の予感”」竹野 延男さん



「冬景美」 水上 光広さん


「朝 陽」洞筒 雄太さん


「美瑛岳幻想」横江 憲一さん


「白樺の小径」西本 貢さん


「夕陽を浴びて」岡田 泰秀さん




第15回 丘のまちびえいフォトコンテスト審査について


応募総数 333点  応募人数 91名


(審査)

委員長    写真家:前田 晃氏

委員     写真家:菊地 晴夫氏委員  写真家:中西 敏貴氏

観光協会三役他

過去受賞作品(グランプリ)一部作品及び、第15回 丘のまちびえいフォトコンテスト上位3作品展示会のご案内

会期:平成30年2月27日(火)~3月18日(日)迄

丘のまち交流館 bi.yell 1Fギャラリーにて展示いたします。

https://biei-act.jp/event/20180227.html

協会からのお知らせ
【 2018年02月16日 】
美瑛町 FREE Wi-Fi
美瑛町 FREE Wi-Fi

美瑛町では「美瑛町 防災・観光Wi-Fi」「美瑛町 FREE Wi-Fi(biei-free)」の2種類のWi-Fiを整備しています。

「美瑛町 防災・観光Wi-Fi」は主に美瑛駅前の屋外用として、

「美瑛町 FREE Wi-Fi(biei-free)」は各公共施設等で利用できるよう整備されています。

誰でも自由に接続することができますので、防災・観光その他さまざまな用途にご利用いただけます。

それぞれのWi-Fiによって接続方法が異なりますので、ご利用用途にあわせて利用方法をご確認ください。

詳細は、美瑛町役場のHPをご覧ください。

https://town.biei.hokkaido.jp/freewifi.html

協会からのお知らせ
【 2018年02月16日 】
第41回丘のまちびえい宮様国際スキーマラソン大会(2/17.18)のお知らせ

丘のまちびえい宮様国際スキーマラソン(北海道歩くスキー交歓会)大会は、白銀の美瑛の丘で繰り広げられる歩くスキー大会です。

雪が降り積もり、真っ白になった美瑛の丘は、夏の美瑛の丘と違った新たな感動を与えてくれます。

国内外のクロスカントリースキーと歩くスキーの愛好家が集い、冬の体力づくりと交歓を図ることを目的とした催しで

雄大な十勝岳連峰と美しい丘陵地帯の景色を自らの体力と気力で走り、FIS・SAJの競技規則により開催される大会です。


なお、今年は834名の選手が美瑛の丘を駆け抜けます。





平成30年2月17日(土)

開会式・交歓会 17:00~18:30 美瑛町スポーツセンター


平成30年2月18日(日)

宮様コーススタート 9:00 ビルケの森

歩くスキースタート 9:00 ファームズ千代田

20kmコーススタート 10:00 ビルケの森



白金をスタートし、市街地のゴールを目指します

カラマツの樹氷が美しいビルケの森をスタートし、青く輝く美瑛川を右手に見ながら、丘のまちびえいの丘陵地帯へ。

幾重にも続く雪で覆われた丘陵地帯が選手を待ち受けます。

スタートとゴールが違う歩くスキー大会は、丘のまちびえい宮様国際スキーマラソンの最大の特徴です。


☆大会開催日程に、美瑛町に観光にいらっしゃるお客様へ☆


選手が道路を横断するコースには、交通誘導員がおりますので、大会の開催による通行止めになる路線はありません。

(ただし、時間帯によって入賞争いをしている選手が通過する際、若干の間 選手が道路を横断するまで停車をお願いする場合があります。何卒ご了承ください。)



協会からのお知らせ
【 2018年02月07日 】
みなさまへお願い
みなさまへお願い 美瑛町を訪れる皆様へのお願い美瑛の丘の多くの場所、広大な公園の雪原のように見えるかもしれませんが、土地のほとんどは実際には農家の私有地です。

道路を越えて畑に侵入し、写真を撮ったりすることは絶対にしないでください。

初めて訪れる方は、畑が雪に覆われてしまっても、どこまでが道でどこまでが畑等と境目が大変分りにくいと感じられる方も多いと思います。

ご参考にいただきたい(良い事例)撮影の様子を掲載します。なお、最初の1枚目と2枚目は、大変悪い事例です。



下の3枚目や4枚目のように、目印は赤白のポールの内側や、除雪されている所から撮影をお楽しみ下さいますようお願いします。

訪れる皆様のご協力により、冬も野生動物以外の踏み跡は、全くない自然の雪景色や自然が創り上げる芸術作品、雪景色の中に広がる風紋等も、

新鮮で美しい景観を楽しめることはもちろん、農家の皆さんも、気持ちよく春から農作業を始めることが出来ます。

何卒、多くの皆様のご協力お願いします。



協会からのお知らせ
【 2018年02月07日 】
「美瑛の雪上絵フェスティバル」に遊びに行こう!
第10回 「美瑛の雪上絵フェスティバル」開催のお知らせです。

日時:平成30年2月24日(土)10:00~開会式

会場:ファームレストラン千代田周辺

今年も広い雪の上に巨大な絵(縦90m×横110m)を描く、雪上絵フェスティバルを開催します。

当日は巨大な雪上絵のほかにも親子や友達同士でオリジナルの絵を描く「ミニ雪上絵遊び」コーナーやバナナボートなども催されます。皆さんぜひお越しください!

詳しくは、チラシをご覧ください。

なお、フェスティバル実施にあたり、ご協力頂ける方々に

当日500円程度の協賛金をお願いしています。

協会からのお知らせ
【 2018年02月01日 】
白金青い池・白ひげの滝のライトアップ点灯時間は2月1日より17時~。
白金の青い池&白ひげの滝のライトアップは、2月1日より点灯開始が17:00~21:00となります。

夜は氷点下10℃を下回ることも多いので、暖かくしてお出掛け下さい。


美瑛町では、冬の観光振興及び芸術文化の発信を目的として、新たな街づくりのスタイルに取り組もうと、

冬のライトアップを進めています。 様々な照明パターンを用意しており、約10分間で一つのストーリーを表現!

あなたにとってお気に入りの瞬間に出会えるよう工夫しています。

白金地区の冬の美しさを多くの人にPRしていきます。


 鑑賞後は源泉かけ流し100%のびえい白金温泉もぜひお楽しみください。

なお、防寒対策はお忘れなく!


<ライトアップ期間>

2017年11月1日~2018年3月31日まで


<ライトアップ時間>

午後5時から午後9時まで(日没等状況により変動有り)

悪天候時は中止する場合があります。

>町HP詳細はこちら http://town.biei.hokkaido.jp/about/event/illuminate.html

白金青い池(冬のライトアップイメージ)

白金青い池ライトアップ(イメージ)

12月中旬頃(昼間)のイメージ

<注意事項>

決められたポイント以外は、大変危険なため、立ち入らないこと。

特に池の中に入ったり、石を投げたりしないでください。

石を投げないで

白ひげの滝(冬のライトアップイメージ)

白ひげの滝(昼間)のイメージ


<美遊バス~Biei View Bus~ ライトアップコースの運行のご案内>

丘のまち びえい巡りバス 美遊バス~Biei View Bus~

ベテランガイドが皆さまをライトアップされた幻想的な青い池や白ひげの滝へご案内いたします!

夏の「白金青い池」や「白ひげの滝」とひと味違った雰囲気をお楽しみください。

2017/12/02~2018/03/31期間中の土日祝日、及び2018年2月5日(月)~2月9日(金)は毎日運行

12/30(土)~1/1(月)は運休

美遊バス~Biei View Bus 予約・詳細:外部サイト「地旅」よりお申込下さい。

<びえい白金温泉行きの道北バス時刻表・乗り場のご案内>

びえい白金温泉・白ひげの滝等お越しの方は、路線バスもございます。↓

※なお白金青い池は、池の水面が凍り雪が積もり始めています。

道北バス株式会社ホームページ

美瑛駅前バス乗り場案内MAP


<タクシー会社のご案内>

美瑛ハイヤー 0166-92-1181

協会からのお知らせ
【 2018年01月25日 】
第11回 びえい雪遊び広場のオープンイベントは、1月27日(土)です。
今年のオープンイベントは、1月27日(土)午前10時から、ラヴニール前広場において、「びえい雪遊び広場」オープンイベントを開催されます。


オープン当日は、温かい豚(ぶた)汁(じる)のサービスやもちつきのほか、ジャグリングパフォーマーもやってきます。

また、今年から、未就学児を対象に、遊びに来るたびスタンプが貯まる「雪遊びカード」が始まります。



「雪遊びカード」のスタンプを8個以上集めると「クレミアソフト」を先着100人にプレゼントがアタリますよ!

楽しいイベントが盛りだくさんです。

ぜひ、ご来場ください。

協会からのお知らせ
【 2018年01月25日 】
美遊(ビーユー)バス は、冬も運行しています!

美遊バスチラシ表 美遊バスチラシ裏



料金のご案内


大人2,500円 子ども(小学生)1,000円(座席不要の幼児は無料)

※美瑛町内宿泊施設利用者に限り、各コース大人料金のみ大人1名付き500円の割引が適用となります。

※町内宿泊割引の対象となる宿泊施設は、観光協会登録済の施設に限られます。該当施設詳細は下記URLにてご確認ください。

https://www.biei-hokkaido.jp/wp-content/themes/wp_biei/img/spot_list.pdf バスのチケットは、

 ①出発日の前日より四季の情報館案内所にて販売いたします。

  窓口にお越しいただいた受付順にてご案内となりますので、定員になり次第販売を終了いたします。

 ②下記サイトより、インターネットにて、事前購入が可能です。ウェブ決済の手仕舞い日により、出発日が×表記の場合の日でも、

出発日の前日に空席がある場合がありますので、出発間際のお客様は、お問合せ下さい。 







こちら▽は、大人の休日倶楽部会員専用ぺージです。会員以外の方は、上記バナーよりお申込下さい。


美瑛町の魅力をご紹介します