道の駅びえい「丘のくら」
施設名 道の駅びえい「丘のくら」
住所 071-0208 北海道上川郡美瑛町本町1丁目
アクセス JR美瑛駅より徒歩3分
駐車場 有/無料
電話 0166-92-2960
FAX
ウェブサイト http://www.hokkaido-michinoeki.jp/michinoeki/2854/
料金等
営業期間 年中無休

(年末年始のみお休み12月31日~1月3日)

営業時間 道の駅びえい「丘のくら」

6月~8月 9:00~18:00 

9月~5月 9:00~17:00
香麦食堂

11:00~14:30(LO)

その他 「JR美瑛駅から徒歩3分にございます、道の駅びえい「丘のくら」です。このくらは大正6年に美瑛倉庫株式会社が「美瑛軟石」を材料として3棟建てたなかの1つで、主に豆類(小豆、大豆等)の貯蔵倉庫として活用されてきました。石材の美瑛軟石は大正5年から町内の村山地区(国道237号線の北側)で採掘が開始され、昭和44年ごろまで採掘が行われ、建築資材や土木資材として広く使用されました。石質は大雪山の噴火による火砕流の堆積によるもので、流紋岩質灰岩と呼ばれ石英が肉眼で見えるのが特徴です。全国及び道内でも広く使用され、今でもJR美瑛駅(昭和27年建設)、The Sun 蔵人(旭川)などが健在で、石造り独特の雰囲気から注目を集めています。平成18年4月に残った1棟を町の大切な歴史の継承として、また市街地商店街振興の中核として特産物展示販売や美瑛町食材を使用した食堂を備えた、町民と観光客が集える交流施設として生まれ変わりました。そして平成19年3月1日に道の駅びえい「丘のくら」となりました。(改行して) 館内には新・ご当地グルメの美瑛かれーうどんを提供する香麦食堂や町内にアトリエを持つ木工品や陶芸品などを始めここでしか手に入らない魅力的なお土産品をラインナップしております。観光やお土産品ショッピングの拠点としても大変便利です。皆様のご利用を心よりお待ちしております。」

美瑛町の魅力をご紹介します