協会からのお知らせ
【 2019年09月01日 】
美瑛駅120年記念 トイレ改修プロジェクトのお知らせ

▼120年の長き歴史を持つ美瑛駅に、みんなで「ありがとう」の感謝の気持ち届けたい!これから120年先にも残る何かを残したい!

 

美瑛駅開業120年となる2019年9月1日に、町民みんなで「ありがとう」の感謝の気持ち届けたいと考えて、美瑛駅前広場で感謝祭「美瑛駅120年ありがとう! そして、これからもよろしく!」を開催するべく、美瑛町民有志による「美瑛駅120年ありがとう実行委員会」を立ち上げました。

 

実行委員会は、農林業、商工観光業、行政職員など町民の有志25名で構成されています。2019年2月から計画し始め、6月に第1回の実行委員会を開催して、正式に実行委員会を立ち上げ。実行委員会の会長は、町内で林業に携わり本企画の言い出しっぺである西出光宏(41才)です。


実行委員会では、「120年の感謝を気持ちをカタチ」する記念事業として、この先120年も美瑛町の町の人たちを支えると同時に、観光客のみなさんを気持ちよく迎えられるよう、美瑛の玄関口「美瑛駅」の隣にあるトイレを改修したいと考えました。

 

近年JR北海道の様々な路線で存続問題が持ち上がっていますが、これ以上廃線や廃駅が増えないよう鉄路を盛り上げていく沿線住民の意志のひとつとしても、プロジェクトに取り組んでいきます。

 

本企画は、美瑛の子どもたちに、今の私たち大人が何を残してあげられるかというチャレンジでもあります。

 

美瑛を、美瑛駅を愛する美瑛町内外のみなさまの、ご支援を頂けますよう何卒よろしくお願いいたします。

▼応援はこちらのサイトから▼

美瑛駅120年記念 トイレ改修プロジェクト

美瑛町の魅力をご紹介します